ブログ

土岐市泉町久尻で通路の増築です

ここ数日、暑い日が続きましたね。急に暑くなったので、体がついていきませんよね。

4月に入り暖かくなりましたので、工事を待ってもらっていたお客様の工事に入り始めました。

 

土岐市泉町久尻N様邸は通路の増築工事で、既存の建物の間に通路を作成します。

基礎の高さを設定して、その高さから既存の建物の採寸をして、作業場で墨付けをして木材を加工します。

 

 

 

墨付けとは、大工さんが木材に加工するための目印をつけることです。

「さしがね」という定規を使い加工する線を付けていきます。

木材のねじれや曲がりが無いかを確認し墨汁(ぼくじゅう)で木材に印を付けていきます。

そして、この目印に合わせて木材を加工(刻み)していきます。

墨付けをする大工さんは、図面を見た時には頭の中では立体的になっているのです。

 

社員大工の郷君や浜田君は墨付けや刻みを経験してないので、勉強になるはずです

久しぶりの墨付けと加工ですので楽しみです。

 

ブログには載せていませんでしたが、3月末に岐阜県N様邸を引き渡しました。
工事中の写真はコチラ
また、4月9日には、新築の地鎮祭を行いました。6月に建前予定です。

数年前に引渡しをしたオーナー様からもカーポートなどの外構工事を発注頂いて、現在工事にかかっています。

ゴールデンウィーク明けには30年前に新築をしたオーナーのお客様の床の改修工事を行います。

オーナー様から工事を頼まれると嬉しいですね。

 

「住いの相談」はいつでも行っていますので、お気軽にお問い合わせ下さい。

 

お陰様で創立57周年を迎える事が出来ました。

岐阜県土岐市、注文住宅&省エネ・快適・健康リフォーム工事の水野建築でした。

松尾式設計研修プログラム受講して実践しています。

水野建築は、ZEHビルダー★★★★(四つ星)です

「ハウス・オブ・ザ・イヤー・イン・エナジー2019」優秀賞を受賞しました。

今日も最後までお読みいただき、ありがとうございます♪

 

■お問合せ先
お問い合わせはコチラです

ページトップへ戻る