岐阜県土岐市で新築一戸建て・注文住宅・リフォームなら水野建築

お問い合わせ イベント情報 岐阜県土岐市で新築一戸建て・注文住宅・リフォームを行う水野建築の家づくりガイドブック無料プレゼント
TOP

構造計算をして「耐震等級3」を確保していますか?

「構造計算」って名前だけでも聞いたことがあると思います。

建物本体の重さ・家具や家電など建物に加わる重さ・積雪の重さ・風圧・地震力などに対し、その建物がどんな影響を受けるのか、どの程度対応できるのか、安全性をどれだけ確保できるのか、などを計算するものです。

 

 

一般の方は、新築住宅は全ての建物に対して構造計算しているだろうと思われていると思いますが残念ながら構造計算されていない住宅は多いのです。

 

その理由は、資格を持った建築士が設計する場合、政令で定める技術的基準に適合することを前提として下記建物は省略出来るのです。

・100m2以下

・木造2階建て以下

・延べ床面積500m2以下・高さ13m以下・軒の高さ9m以下

・木造以外で平屋建て以下、かつ延べ床面積200m2以下

の建物については、確認申請の際に壁量計算書や、構造に関する図面等の提出を『省略』できるからです。これを『四号特例』といいます。

 

そのため、住宅業者の中には、構造計算を行わない業者、壁量計算のみ行う業者、すべての建物に対して構造計算を行う業者が入り乱れています。

 

安全性を確かめていない住まいは怖くありませんか?

新築工事、リノベーション工事を契約した建築業者さんは、構造計算を行っていますか?

もし行わない業者なら、それを納得した上で話を進めていますか?

 

構造計算するなら数十万円の費用が発生すると聞き、迷った末に計算しないまま話を進て、あとから心配になってきても遅いですよ。

逆に、「それで安全性を確かめられるなら」と、他の部分をやりくりして計算を依頼した事例もあります。

 

構造計算を行うということに抵抗感や高いハードルがあると考えがちですが、大切なことは構造計算により耐震性の高い木造住宅をお客様に提供することです。

日本の木造住宅業界にも「構造計算標準化」、「耐震等級3標準化」という大きな流れが来ています。

 

当たり前のことですが、構造計算(許容応力度計算)を行って建物の安全性を確認してくださいね

 

■下記写真は性能向上リノベーションの時に使用する構造計算ソフトです

 

お陰様で創立58周年を迎える事が出来ました。

岐阜県土岐市、注文住宅&省エネ・快適・健康リフォーム工事の水野建築でした。

松尾式設計研修プログラム受講して実践しています。

水野建築は、ZEHビルダー★★★★(四つ星)です

「ハウス・オブ・ザ・イヤー・イン・エナジー2019」優秀賞を受賞しました。

今日も最後までお読みいただき、ありがとうございます♪

 

「住いの相談」はいつでも行っていますので、お気軽にお問い合わせ下さい。

 

お問い合わせはコチラです

■無料メールセミナー 「失敗しない土地選びの秘訣」
失敗しない土地選びの秘訣の詳しいことはコチラです

■無料メールセミナー 「失敗しない業者選びの秘訣」
失敗しない業者選びの秘訣の詳しいことはコチラです

実は危ない!ニッポンの“寒すぎる”住まい 一覧 空間広々!タンクレストイレを採用してみませんか。