ブログ

押入・物入を使いやすくしませんか?

押し入れは奥行きが80cmあり少し深く、とても大きな収納容量があります。

たくさんの物を収納することができるけれど、なんだか使いづらいと感じることもありませんか?

押し入れを使いこなせていないなら、使いやすくリフォームしてみてはいかがでしょう。

 

押し入れにいろいろ詰め込み、どこに何があるかわからなくなってしまうなら、中に棚をつくると使いにくさが解消します。

収納するものに合わせて棚のサイズや配置をカスタマイズすれば、押し入れのスペースを効率的に使えます。

 

 

また、押し入れの中段の棚を外してクローゼットにリフォームする手もあります。洋服の収納場所が不足しているご家庭におすすめです。

 

 

あと、幅が80cmで奥行が80cmの物置で、奥行きいっぱいに棚を付けると使いづらいと感じたことはありませんか?

棚の奥にしまわれたモノが取り出しづらく、デッドスペースになってしまうからです。

 

幅が80cmで奥行が80cmの物置には、奥行きが30cm~40cmのL型収納をおすすめします。

その理由は、日常生活でよく使うモノは奥行が30cmに収まりやすく、40cmはやや大きめの家電までおさまります。

 

奥行を40cm、手前を30cmの棚にしたL型収納なら、足を半歩踏み込むだけで、全てのモノが見渡せて取出しやすくなります。

 

 

見える化された棚は使い勝手がよく、ムダナスペースがなくなりますよ。

 

水野建築では「住いの相談」はいつでも行っていますので、お気軽にお問い合わせ下さい。

 

お陰様で創立57周年を迎える事が出来ました。

岐阜県土岐市、注文住宅&省エネ・快適・健康リフォーム工事の水野建築でした。

松尾式設計研修プログラム受講して実践しています。

水野建築は、ZEHビルダー★★★★★☆(五つ星)です。

「ハウス・オブ・ザ・イヤー・イン・エナジー2019」優秀賞を受賞しました。

今日も最後までお読みいただき、ありがとうございます♪

 

■お問合せ先
お問い合わせはコチラです

ページトップへ戻る