ブログ

安全な入浴方法と断熱リフォーム工事

いつもよりは少し遅い時期でインフルエンザが流行していますね。

取引先の会社でも社員がインフルエンザにかかり

仕事に支障が出てきているようです。

 

当たり前の事ですが外から帰ったら手洗い・うがいはもちろんですが、

抵抗力を高めるには、睡眠をしっかりとって一日の疲れを

しっかりリセットすることが大切ですね。

 

一日の疲れを取るためには、お風呂で湯船につかって

身体を温めリラックスするのも効果的ですね。

 

新聞やTVのニュースなどでは、急激な温度変化により血圧が上下に大きく変動する、

「ヒートショック」による入浴中の事故死に関する話題を多く目にします。

その数は年間約2万人。交通事故の約4倍にもなるそうです。

合わせて安全な入浴方法も紹介されていました。

 

afc9361c2

 

(1)入浴前に脱衣所や浴室を暖めましょう。

(2)湯温は41度以下、湯に漬かる時間は10分までを目安にしましょう。

(3)浴槽から急に立ち上がらないようにしましょう。

(4)アルコールが抜けるまで、また、食後すぐの入浴は控えましょう。

(5)入浴する前に同居者に一声掛けて、見回ってもらいましょう。

(消費者庁より)

 

ヒートショック対策では、適切な暖房設備を設置したり

、建物の断熱性を高めるリフォーム工事を行うことです。

 

脱衣室や浴室・トイレに暖房設備を設置して、

暖めておくことがポイントの一つとなります。

「浴室暖房乾燥機」や「脱衣室暖房換気乾燥機」を設置することで、

冬場は快適に入浴することができます。

暖房乾燥機は壁や天井に簡単に取り付けできるタイプや

ビルトインタイプなどがありますので、ご遠慮なくご相談ください。

 

建物の断熱性を高めるリフォームには予算のお値打ちな順に下記の方法があります。

①部屋別に部分的にリフォームする。

②浴室・脱衣室を解体して新しい設備品を取付けの窓・床・天井などを断熱リフォームする

③住宅全体をリノベーションする

 

弊社ではお客様との話の中で②の工事が多いです。

浴室の環境改善には、在来型の浴室をユニットバスに変えることが考えられます。

ユニットバスは断熱性も高く、あらかじめ工場で高い精度でつくられており、

気密性も確保されています。

また、弊社では暖房換気扇も標準装備としていますので、

効果の高いリフォームができます。

こちらもご遠慮なくご相談ください。

 

お陰様で創立51周年を迎える事が出来ました。

注文住宅&省エネ・快適・健康リフォーム工事の水野建築でした。

今日も最後までお読みいただき、ありがとうございます♪
■無料メールセミナー
失敗しない家づくりの秘訣はコチラ
■ナナメウエのイエによる土岐市土岐津町O様邸
詳しくはコチラ
■ナナメウエのイエの設計方法
詳しくはコチラ
■事務所の太陽光発電パネルの1年間の発電量をHPに公開しています。
詳しくはコチラ

ページトップへ戻る