ブログ

24時間計画換気について

今回は24時間換気システムの話です。興味のない人はスルーしてください。

 

平成1571日の建築基準法改正により、住宅の居室は1時間に0.5回以上の機械換気設備設置が義務付けられました。理由はシックハウス症候群や、アレルギー性疾患が急増したからです

 

簡単に説明すると部屋の体積(床面積x高さ)の、半分以上の空気を1時間で、新鮮な空気に入れ替える能力を持つ換気設備を設けなさいという事です。計算上は2時間で部屋の空気が変わります。

 

住宅で使用する換気システムは、「1種換気システム」「3種換気システム」です。

1種換気は吸気も排気も電気で強制的に行います

3種換気は、排気は電気で強制的に行いますが、吸気は壁に穴開けて自然に取り入れます

このどちらかを取付けなければなりません。

 

1種換気は熱交換というシステムがあって、空気は入れ替えるけど部屋の暖かさや涼しさを保つことが出来ますので、せっかく暖められて室温を下げる事が無くなります

 

もう一つのメリットは湿度です。冬は3種換気の場合、部屋は乾燥してしまいます。

1種換気の全熱タイプはこれが無いです。温度と湿度を熱交換機で部屋に返しますので乾燥から解放されます。

 

■写真の天井についているのが熱交換機です

 

3種換気はシンプルな作りになっていますので、メンテナンス性に非常に優れています。

外気温が0度以下になるような地域は、3種換気システムで、そのまま外気を取り入れることは、室温への影響が少しありますので暖房費が増えます。

 

■壁についている15センチ角が換気扇です

 

ここで、もう一つ注意してほしいのがC値です。

 

最低でもC値=1.0以下にしてください。

C値とは家の隙間を表す数値です。その建築会社の測定した平均値を確認してください

 

C値が悪い家(隙間が多い家)は、給気口から空気を取りいれても、部屋の隙間から空気が逃げてしまい排気のところまで、うまく空気が動きません。

つまり、計画換気が出来てないことになります。

そんな状態で3種換気を取付けても・・・・・

 

3種換気の場合「冬は寒いので止めた」という人があります。

結露やカビ対策など家を長持ちさせる為にも、寒くなっても24時間計画換気は止めてはダメですよ。

 

1種換気と3種換気は気密性が高い住宅でないと、本来の換気が出来ないことがありますので注意してくださいね。

 

ちなみに水野建築は1種換気を標準としています。

 

写真は工事中の写真です

 

 

 

お陰様で創立54周年を迎える事が出来ました。

岐阜県土岐市、注文住宅&省エネ・快適・健康リフォーム工事の水野建築でした。

今日も最後までお読みいただき、ありがとうございます♪

水野建築は、ZEHビルダー★★★★★(五つ星)です

 

 

■お問合せ先
お問い合わせはコチラです

ページトップへ戻る