ブログ

INAX&TOTOのショールーム

ファイル 255-1.jpgファイル 255-2.jpgファイル 255-3.jpgファイル 255-4.jpg

昨日、多治見市音羽町A様ご夫妻と、設計士のO先生、そして当社のパートナー業者であるジツダヤさんのNさんと

一緒に名古屋にあるINAXとTOTOのショルームに行ってきました。

 

両社のショールームを訪れるのは初めてで、商品の展示方法や最新の器具などを見る事も出来て勉強にもなりました。

A様邸は31年前(私は当時大学2年生でA様の建前に参加していました)に私の先代が新築工事をさせていただき、その後何回かのリフォーム工事も当社で工事しました。

 

そして、3年前にはA様のご子息の家の大規模リフォーム工事もさせていただきました。

 

今回は寝室、トイレ、洗面脱衣室、浴室、廊下、床暖房工事などの大規模リフォーム工事です。

 

工事着工前に、システムバス、便器、洗面収納などの商品を決めるためにショールームを訪れました。

 

なぜ2社を回ったかというと、浴室の出入り口の寸法のこだわりでした。

 

A様は引戸を希望されています。最初に見たINAXさんは65センチしか取れないという事でした。

 

私はもう少し大きくとれるメーカーがあるのを知っていましたので、設計のO先生に相談して急きょTOTOさん出かけました。

 

TOTOさんは80センチ確保できました。

 

ただ、システムバスのデザインや性能の問題がありますので、今後は両社から出てくる見積金額によって判断する事になるのではと思います。

 

ジツダヤさんのNさんの機敏な手配で2つのショールームを回る事が出来ました。

 

多治見に帰って来てからはA様に鰻をご馳走になり有難うございました。とても美味しかったです。
また、食事中のお話も大変参考になり楽しかったです。
4月24日(土)・25日(日)は完成前見学会です。
皆様のご来場をお待ちしています。

ページトップへ戻る