ブログ

長期優良化リフォーム推進事業を知っていますか?

「長期優良住宅化リフォーム推進事業」とは国が行っている補助制度です。

既存住宅の長寿命化や省エネ化など、性能が向上するリフォームや子育て世代向け改修工事に対する支援などを行う事業です。

 

リフォームを行う既存の戸建て住宅や、マンションが補助制度の対象となります。

事務所や店舗は対象外となります。

 

長期優良化リフォーム推進事業の詳しいことはコチラ

 

補助金を受けるためには大きく3つの条件を満たす必要があります。

一つ目は現況調査(インスペクション)の実施です。

工事に先立って、日常生活に支障をきたすような劣化事項の有無を把握するために行います。

 

二つ目は、リフォーム後の住宅が一定の性能基準を満たすことです。

文章で書くと長くなりますので、下記写真をご覧ください

クリックすると画像が大きくなります

 

 

 

 

 

 

3つ目がリフォーム履歴と維持保全計画を作成することです。

リフォーム工事の履歴として、工事内容を示す図面、工事写真等を作成し、保存することが必要となってきます。

住宅を長持ちさせるため、維持保全の期間(30年以上)について、少なくとも10年ごとに点検を実施する維持保全計画を作成することが必要です

 

補助金を簡単に説明すると、定められた評価基準のリフォーム工事を行うと最大で100万円/戸、認定長期優良住宅へのリフォームを行った場合、最大で200万円/戸、高度省エネルギー型へのリフォームを行った場合、最大で250万円/戸、を上限に補助してもらえると言う制度です。

 

 

この補助金を利用する施工店は、長期優良住宅化リフォーム推進事業 評価室事務局に事業者登録する必要があります。

 

長期優良住宅化リフォーム補助金を活用した、性能リノベーション工事に興味がある方はお気軽にお問い合わせ下さい。

 

「住いの相談」はいつでも行っていますので、お気軽にお問い合わせ下さい。

お陰様で創立57周年を迎える事が出来ました。

岐阜県土岐市、注文住宅&省エネ・快適・健康リフォーム工事の水野建築でした。

松尾式設計研修プログラム受講して実践しています。

水野建築は、ZEHビルダー★★★★(四つ星)です

「ハウス・オブ・ザ・イヤー・イン・エナジー2019」優秀賞を受賞しました。

今日も最後までお読みいただき、ありがとうございます♪

 

■お問合せ先
お問い合わせはコチラです

 

 

水野建築の”家づくりなんでも相談会を、ゴールデンウィーク中に行っていますので、お気軽にお問い合わせくださいませ。

家づくりなんでも相談会のくわしいことはコチラ

ページトップへ戻る