ブログ

耐震診断をして足りなければ補強しましょう!

耐震診断をして足りなければ補強しましょう!

 

昨日9月1日は防災の日でした。

「防災の日」を含むこの1週間を防災週間として、様々な行事が行われます。

 

私どもがお勧めするのは耐震診断を受けて大切な家族と財産を守る家にしましょうという事です。

 

いつ起こっても不思議ではない地震。

地震のニュースのたびに「わが家の耐震性は大丈夫?」と気になる方も多いと思います。

 

特に1981年の建築基準法改正前に建てられた方の場合、耐震性能が低い可能性がありますので注意が必要です。そこでおすすめなのが耐震診断です。

 

耐震診断は、高度な知識を必要とするため、建築士の中でも一定の講習を受講したものにしかできません。その点、対応いたします水野は「一般耐震技術認定者」の資格保持者ですのでご安心ください。

 

さて、耐震診断の方法には「精密診断法」と「一般診断法」がありますが多くの木造建築の場合は、破壊診断をしない目視による「一般診断法」を採用します。

この方法は、詳細な検討を建物のすべての部位では行わず、代表的な部位で平均的な評価を行うこととなります。

具体的にはお住まいにお伺いし、約2時間の調査を行います。

 

調査を行う項目は、基礎や外壁のひび割れ、壁の材質・筋交いの有無・屋根の重さ・劣化状況などです。

 

耐震診断の様子です

床下に潜ります

 

天井裏に潜ります

 

 

この後耐震診断書の作成になりますが、現地調査で確認したデータをもとに、国土交通省住宅局監修の「木造住宅の耐震診断と補強方法」による耐震診断ソフトを用いて耐震診断書を作成します。

 

そして、必要に応じて耐震補強プラン等も作成しています。気になる費用ですが、木造住宅の耐震診断料金は延床面積が120㎡ほどの在来軸組工法の建物でおおむね6万円です(建物のの図面が無い場合は、建物を実測して耐震診断に必要な図面を作成する料金が発生致します)。

 

大切な家族の命と財産を守る意味でもお気軽にご相談ください。

 

お陰様で創立54周年を迎える事が出来ました。

岐阜県土岐市、注文住宅&省エネ・快適・健康リフォーム工事の水野建築でした。

今日も最後までお読みいただき、ありがとうございます♪

水野建築は、ZEHビルダー★★★★★(五つ星)です

 

 

 
■お問合せ先
お問い合わせはコチラです

ページトップへ戻る