ブログ

瑞浪市釜戸町MM様邸の進行状況です

瑞浪市釜戸町MM様邸の進行状況です。

外壁下地の弊社のこだわりを書きます。

 

外壁の下地は防水・透湿シートを張った後に、通気胴縁を取り付けて、

通気層を確保して外壁のサイディングを張っていきます。

 

土台水切と外壁の間は、通気層と呼ばれる空気の通り道があります。

ここをネズミやカメムシ、コウモリや等が

巣や通り道にする可能性があります。

これらを防ぐ為に有効だと思われるのが、

日本住環境株式会社の「防虫ベンツSL」です。

 

bochu_vent_bochu

 

図のように、外壁通気層の下端(土台水切の上端)に取り付けます。

外壁が仕上がってしまえば見えなくなってしまう部材ですが、

この部材の取付が弊社のこだわりです。

 

量産メーカーでは、通気層部分からのネズミの侵入が

騒がれていましたが、害虫対策にはとても有効な対策だと思われます。

 

また、強い風が通気層を通ると、防水紙の重なり部分のバタツキ、

音を立てる場合もあります。これらを防ぐ為にも有効です。

 

ポリプロピレン及びポリエチレンで出来たハニカム構造は、

充分な通気性を確保できますし、3層になった本体を

スライスする事で、15mm・18mm・21mmの通気層に対応可能です。

(通気層の厚さに合わせて簡単に加工できることがとても便利です。)

 

bochu_vent_slice

 

取り付けは釘やビス止めだけなので施工も簡単です。

金額もそんなにかかりませんので、

弊社では、瑞浪市釜戸町MM様邸以降の現場は標準品としています。

外壁工事を計画されている方は是非採用してほしい「防虫ベンツSL」です

 

お陰様で創立51周年を迎える事が出来ました。

注文住宅&省エネ・快適・健康リフォーム工事の水野建築でした。

今日も最後までお読みいただき、ありがとうございます♪

 
■無料メールセミナー
失敗しない家づくりの秘訣はコチラ
■ナナメウエのイエによる土岐市土岐津町O様邸
詳しくはコチラ
■ナナメウエのイエの設計方法
詳しくはコチラ
■事務所の太陽光発電パネルの1年間の発電量をHPに公開しています。
詳しくはコチラ

ページトップへ戻る